読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチでどうにかする節約&副業テク

完全実体験オンリーで、借金を返すための節約と副業を伝えたい。ついでに貯金もしたい。

【猫屋式】副業に必須のネットバンク『ジャパンネット銀行』で土台をガッチリ

銀行

f:id:nek084ki:20161227213417j:plain

 

こんばんわ猫屋敷です。

前回ポイントサイト便利やで!って話をしまして
そっからネットバンク持っていた方がいいよって話にちょろりと触れました。

 

nek084ki.hateblo.jp
まじ節約だとか副業においてネットバンク持ってないとかね

犬の散歩に犬忘れてるレベル。

 

そんなわけで前回あげたネットバンク3つの内の1つ

ジャパンネット銀行をピックアップ。

 

ジャパンネット銀行といえばうちのリア充の姉ですら持ってるんで

今更説明しなくても知名度は抜群だって勝手に思ってる。

 

そもそもネットバンク業界の老舗中の老舗だしね

まじ老舗の職人の一品とか凄そう

先祖代々って言われただけでなんか美味そう。

 

正直、振込手数料&ATM利用料とかまじファック

f:id:nek084ki:20161227221401j:plain

 いきなりディスっていくスタイル。

いやねーーー、まじでここだけは負けてる。

惨敗。

サイバイマンVSヤムチャくらい惨敗

 

いくら職人の匠の技と言えど、機械化された物に生産数は敵わない。

 

僕が弟子だったら

 

「おやっさんのやり方は今の時代に合ってないんすよ!」(ばーーん!)

 

って異議申し立てすることうけあい

 

じゃあなんで立てた中指が下がらないのかと言うとね

 

振込み手数料

 ジャパンネット銀行宛て他の金融機関宛て
3万未満 ¥54円 ¥172円
3万以上 ¥54円 ¥270円

ATM出金手数料

 毎月最初の1回目2回目以降
3万未満 ¥0円 ¥162円*1
3万以上 ¥0円 ¥0円

 ※提携ATM:セブン銀行ATM、Enet、ローソンATM、ゆうちょ銀行、三井住友銀行

 

昨今のネットバンクと比べたら、いまいちノリが良くない。

しかも3万以上入出金とかね

借金大王の僕、置いてけぼり

 

3万あったらね!返済してますよ!!

 

もう聖徳太子知ってるかって聞かれた時くらい声が張り上がる。

 

ヤフオクユーザーここに来たれり

f:id:nek084ki:20161227220731p:plain

落札編

もうおやっさんがね

 

「若造が甘っちょろいこと言ってんじゃねえ!!」

 

ってキレてますよ。

さすが匠、THE 匠

 

「なんということでしょう!」

 

ってナレーションが聞こえてくる。

 

そう、副業において鉄板とも言うべき『ヤフオク』でね

 これ以上ないスキルを発揮する。

さすが老舗。老舗さすが。

 

まずヤフオクの支払い時、かんたん決済にデフォルトでジャパンネット銀行払いが存在してる。

選ぶと口座から引き落としてくれる。

 

しかも、落札金額の1%がTポイントで還元してくれる数少ない支払い方法。

(もう一点はYahooカードのクレジット払い)

 

クレジット払いでもいいんですけど

そもそもYahooカード払いってヤフオクじゃなくてもクレジット利用分に対してTポイント還元あんすよね。

なのでポイント倍付けとかしてくれないとなんか損した気分

 

あとやっぱ当ブログは借金もテーマなのでね

口座に今あるお金を使って払えるならその方がお財布に優しい。

 

それと今更ながら最近気付いたというか、単に僕が無知だっただけなんだけど

間違えて先日ね、銀行振込を支払いで選択しちゃったんすよ・・・(not かんたん決済)

 

「・・・やべー、振込手数料かかっちゃうよー・・・」

って落胆したんだけど…

 

まさかの無料!

 

なんかね、ヤフオクサイドで一時的なジャパンネット銀行の口座番号を発行してそこに落札代金を振込むわけ。

同口座間だからそれでも¥54円かかると思ったのね。

 

ところがどっこい、さすがヤフオクと提携してるだけあってヤフオク発行のジャパンネット銀行宛だったら、こっちのジャパンネット銀行口座からの振込が無料でした

 

わざわざかんたん決済対応の支払いで、銀行振込にするメリットもないんで知らないでもいいんですけど

 

ただ稀にかんたん決済非対応の商品もあるのでね、知っておくといつか得出来るかも。

 

出品編

さて、ここまで落札する場合

大事なのは出品する場合。

 

と、メリットを述べたいのですが

 

実は2016年現在、ジャパンネット銀行による受取口座のメリットってないです。

ヤフオクを出品で利用する際に『ヤフーウォレット』っていうヤフオク内でのお財布を作らなきゃなんですが、受取口座に特に指定もなくなりました。

※以前は受け取り口座もジャパンネット銀行が有利でしたが今はなんでも大丈夫

 

先日、前出の通り久しぶりに銀行振込を選択したところ

相手先の口座がなんであれ、一時的なヤフオク発行の口座はジャパンネット銀行宛てなんですよね。

ですので出品者がジャパンネット銀行口座を持っていようがなかろうが、落札者は銀行振込を選ぶとジャパンネット銀行宛てへの振込みになります。

 

ですのでヤフオクの出品に対してメリットは完全に消えました。

もうそれはそれは綺麗さっぱり。

はぁ~さっぱりさっぱり。

 

一応まだメリット記載している情報も出回ってるのでね、念の為に書いておきます。

 

ただ余談ですが、長くヤフオクの出品したりしてると意外と落札者の状況を忘れがちになります。

ヤフーのプレミア会員が必須なわけでも、ヤフーウォレットが必須なわけでもない。

その辺思い出すとちょっと優しいんじゃないかな。

 

三井住友銀行がメインバンクだと便利

f:id:nek084ki:20161227221611g:plain

都市銀の口座って誰でも一つは持ってると思います。

その中で僕はたまたま家が近いって理由だけで、三井住友銀行の口座をずーっとメインバンクにしてきました。

 

タイトルのジャパンネット銀行において三井住友銀行が何故便利かと言うと

 

ゴゴゴゴ・・・

 

なんと自分名義のジャパンネット銀行三井住友銀行の送金が無料!

 

24時間無料!

 

f:id:nek084ki:20161227214052j:plain

 

f:id:nek084ki:20161227214038j:plain

※2015/8/15~

 

三井住友銀行って条件によるけど三井住友のATMは余裕で入出金無料、コンビニATMでも最大月4回入出金無料なんですね。

最低でも三井住友銀行のATMが8時45分〜18時00分の間は入出金無料。

 

つまりジャパンネット銀行にお金が貯まったら、三井住友銀行の自分の口座に移動しちゃえば入出金にお金をかけずに済む!

これで冒頭からいきり立っていた僕の中指がだんだん収まってきた。

 

もうね、職人とか伝統とかね、手と手を取り合って守ってこう

おやっさん・・・ナマ言ってさーせんしたっ!

 

あとね、ヤフオクで支払いの金額分が口座に入っていない時、三井住友銀行のアプリとかでジャパンネット銀行の口座にちょちょーいっとお金を移動しちゃえば支払いに困らない。

 

そんなわけで移動無料便利すぎて、僕はジャパンネット銀行の口座にほとんどお金入れてません。

 

必要な時に必要な分だけきっちり動かす。

これって節約に大事だと思います。

なんか微妙に数百円とか数十円とか口座に眠らしがちじゃないですか?

この使い方だと1円までぴっちり消化できます。

 

ただ、これで消えたデメリットはあくまでATMの入出金部分。

振込手数料に関しては次回と次々回の「住信SBI銀行編」と「楽天銀行編」にて

 

これだけじゃまだジャパンネットいらなくね?

f:id:nek084ki:20161227221958j:plain

 

わかーるわかーるよーきーみぃーのきぃーもちぃー

 

もうウェンツと小池徹平がね、美声を響かしてくるよね

これでもかっつって

 

だってここまで「お金使う」話しかしてないですもんね。

 

いろんなポイントサイト、クラウドソーシングありますよね?

当然そんなもん家でやる副業代表ですわ。

 

そういうのって全部ウェブでしょ?

じゃあネットバンク強くね?

 

はい

 

まさしくその通りです。

 

老舗ならではの利点。

 

いろんなサービスの受け取り口座一覧にジャパンネット銀行があります。

 

たとえば代表的なライティングサイト「shinobiライティング」なんかでは

受け取り口座が「ジャパンネット銀行」と「楽天銀行」のみ無料。

それ以外の受け取り口座が有料です。

shinobiライティングについてはまた後日

 

ヤフオク、ポイントサイト、クラウドソーシング

全て当ブログで取り扱うネタです。

つまり当ブログで紹介する副業ネタはジャパンネット銀行の利用頻度が必然的にあがっちゃうんですね

 

そんなわけで最初に説明すべき銀行口座として選ばせてもらいました。

 

あと、これも前回言ったけどどうせ作るならポイントサイト経由がいいよ!

 

<ジャパンネット銀行ポイントサイト経由 比較情報> (2016/12/27現在)

 

■現在最高値 i2iポイント : ¥1,460円(※SMS認証必須)

i2iポイントサイトへのご招待です♪

 ■2番手 えんためねっと : ¥1,311円

えんためねっと

※えんためは換金にジャパンネット銀行楽天銀行必要です。

 

最後に

ジャパンネット銀行とTポイントは切っても切り離せない関係です。

その糸たるや赤いことこの上なし。

 

織姫と彦星クラス

もうあいつら何年も何年も何やってんすかね。

西野カナレベルで震えてそう。

でもあいつらの1年って人間時間の30分ですけどね。

もはやただのバカップル。

 

そんなバカップルの片割れTポイントの奴にさ、期間限定ポイントとかいうセミばりの寿命のやついるよね。

あの辺の有効活用とか、そもそもTポイントの現金化とかでね

ジャパンネット銀行必須でっせ。

 

続きはまた次回。

 

*1:ゆうちょ銀行は¥324円